YanoWeb

YanoWebはMynoWebのリメイクです(Yet Another MynoWebの略)。YanoWebの作者は当サイトの管理人のsakです。

MynoWebに色々な機能を追加しようと改造しているうちに複雑になってしまい、自分のスキルでは手に負えなくなってしまったので、一から作り直したのがYanoWebです。ですので振る舞いがMynoWebに似ています。RSS作成機能とFTPアップロード機能を内包しているのが特徴です(ただし使用する為には設定が必要です)。

YanoWebは無保証です。YanoWebをお使いになったいかなる結果に対してもYanoWebの作者は責任を持ちません。お使いになる方の自己責任においてお使い下さい。

http://sak.que.jp/yanoweb_0.1.4.zip
http://sak.que.jp/yanoweb_0.1.4.tgz

EXE版を同梱しています。この為、Windows上で使用する場合、別途Rubyをインストールする必要がありません。ちなみにYanoWeb 0.1.2のEXE版作成に使用したのは、

・One-Click Ruby Installer for Windows 1.8.6-26 Final Release
・Exerb 4.2.0

です。RubyとExerbのソースの配布元はこちら。

Rubyの配付元:
オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby
http://www.ruby-lang.org/

Exerbの配布元:
Exerb Project
http://exerb.sourceforge.jp/

------------------------------------------------------------------------

MynoWebでは使えるHTMLタグですが、YanoWebでは使えなくしました。これはプログラムを載せるなどの使い方を想定している為です。もしHTMLタグを使えるようにすると、例えば、

program < 入力ファイル > 出力ファイル

などと書いた場合、「< 入力ファイル >」の部分がHTMLタグとして扱われてしまい、結果的に望んだ通りの表示が得られないのです。

HTMLタグを使えないままではリンクは張れない、画像は貼れないと不便なので、タグを使うことによりリンクを張る、あるいは画像を貼ることができるようにしました。

・リンクを張るには [[リンク先のURL|リンク先の説明]] と書きます。
・画像を貼るには {{画像ファイルのURL|画像ファイルの説明}} と書きます。

例えば、

[[http://sak.que.jp/20080502000001.html|YanoWebのページ]]

と書くことにより、

YanoWebのページ

と表示されます。また、

[[http://sak.que.jp/20080502000001.html]]

と書くことにより、

http://sak.que.jp/20080502000001.html

と表示されます。

またリンク先がリンク元と同一ディレクトリに存在する場合、例えば、今ご覧になっているこのページ「http://sak.que.jp/20080502000001.html」と当サイトのトップページ「http://sak.que.jp/index.html」は同一ディレクトリに存在するので、こういう場合は、

[[index.html|当サイトのトップページ]]

などとリンク先にファイル名を指定することにより、

当サイトのトップページ

と表示しつつリンクを張ることができます。これは、

[[http://sak.que.jp/index.html|当サイトのトップページ]]

と書くことと結果としては同じですが、

[[index.html|当サイトのトップページ]]

の方が書くのが楽だと思います。

ここまで述べてきたように、YanoWebでは文中の[[と]]の対、あるいは{{と}}の対は特別な意味を持ちます。その為、YanoWebでは文中で[[あいうえお]]あるいは{{かきくけこ}}などと書いてもその通りには表示されません。どうしてもそのような表現を文章として用いたい場合は数値文字参照を使用して下さい。具体的には次のような指定です。

・[と表示させるには&#91;
・]と表示させるには&#93;
・{と表示させるには&#123;
・}と表示させるには&#125;

とここまで書いて、とんでもないことに気付いた。grepなどでは正規表現として[[:digit:]]などの記述を用いることがある。YanoWebはプログラムを載せる使い方を想定しているはずなのに実際には不便ということが判明。困った。そのうちYanoWebの仕様を変更するかもしれません。

(続く)

※このページの初版は2008/05/02(00:00:01)に作成。

2008/07/20(00:00:00)